むにえる牧場

毎日むにえるをつくっています

ポモドーロテクニックとGitは相性が良い

最近仕事や趣味の作業時にポモドーロテクニックを利用して集中力を高めています。
我々エンジニアの使うGitととても相性が良いと感じたので布教記事です。

ポモドーロテクニックとは

  1. 達成すべきタスクを1つ決める
  2. タイマーで時間を指定する
  3. タイマーが鳴るまで決めた1つのタスクに集中する。他のことは一切やらない。
  4. タイマーが鳴ったら5〜10分休憩時間を取る
  5. 1〜4の工程を繰り返す
  6. 1〜4の工程を1ポモドーロとして、4ポモドーロ終えたら15〜30分程度長い休憩をとる

仕事の時間の使い方をフレームワーク的に決めることによって高い集中力を保とうとするテクニックです。
半強制的に休憩時間を挟むからペース配分が出来るという利点もあります。

私は

  • 30分作業する
  • 10分休憩
  • 4ポモドーロこなしたら30分休憩

と緩めな設定にしてやっています。
スマートフォンは鞄にしまって、メッセンジャーの類も全て通知を切って行うのがコツです。
スマートウォッチをつけているので、腕時計でタイマーを動かしています。オススメです。

Gitと相性が良い話

Gitでcommitを積み込む際に、粒度が大きくなり過ぎることがよくあると思います。
そんなときにポモドーロテクニックを利用して、1ポモドーロでとりあえず1commit積み込むようにすると良い感じの粒度になります。
大体1ポモドーロ30分程度の作業量になるから、細かいタスク1つ分程度のcommitとなりcommit messageも書きやすくなるのです。

大体粒度が大きくなってしまったり、commit messageに2つ以上の要件が含まれて書きづらいときは、自分の中でも整理しきれていないことが多いので、調整として役立っています。

とはいえ30分で終わらないタスクもあるので、そういうときはとりあえずwip commitとして後でamendでまとめてしまいます。

まとめ

あれもこれもと考えが右往左往してしまう自分にとって、生産性を高める良いテクニックでした。
いろいろなこと考えてるときって頭が疲れるし、進捗も良くないのですよね……

現状ポモドーロを実践していて、8ポモドーロくらいやると集中力の限界がきます。
自分の限界も把握しつつ仕事進められるようになれば効率上げられるかなあと考える次第です。